dot こころの奥

image1.JPG
正しいことが全部いいことで、正しいことを言っている自分が素晴らしいとかそういうことじゃないんだけど、ハンディキャップのある人たちのことを、どういう事情があるにしても茶化したり、笑いのネタにしたりする人に出会うと「あーあー」と思う。

で、考えてみる。私が友達だと思っている人たちの中にはいない。でも例えば仕事を一緒にするのはいいし、みんなで食事に行くのはいいけど、2人だけで食事はちょっとなーと感じる人たちの中にはいる。

こころの奥にある本当に小さな違い。それは育った環境の違いなんだろう、きっと。

「あーあー」と、感じる人たちに出会ってしまうたびに母を思う。彼女と私は決して仲のいい母娘ではなかったけれど、彼女は私に大切なことをきちんと教えてくれたんだなあ。そのおかげでいい人たちに出会えて、大事にもしてもらったし、叱ってもらえたし、教えてもらったし、幸せに暮らしているんだなあ。

奥のほうにある何か。
そういうのって怖いけど興味深い。




dot コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

d r o p archives

recent comment

d r o p profile

d r o p others

d r o p mobile

qrcode