dot

父が亡くなって10年以上経った。思い出す彼は元気な姿で笑っている。


昨日、おじいさんに今乗っているバスが駅まで行くかどうか聞かれた。

免許更新の帰りで、駅に着くはずのバスに乗ったら着いたのは違う駅だった。このバスはA駅に着くのかと。

違う駅から乗ってもちゃんと乗り換えれば家に帰れたのになーと思ったけど、きっと恥ずかしくさせたり、かえって混乱するなと思って、このバスの終点で降りれば大丈夫だと伝えた。

普段はほとんど電車に乗らないんだって。

だから聞かれなかったけど何色のどこ行きの電車に乗ればいいかを説明した。おしゃべりでお節介な女風に。おじさんが恥ずかしくならないように。


バスを降りてから涙が出てきた。恥ずかしいからグッと止めた。

いつもは何かを聞かれたくらいで、あんなにしゃべったりしないのに、私。

父のようだったから。
なんだかすごくそうだったから。



dot コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

d r o p archives

recent comment

d r o p profile

d r o p others

d r o p mobile

qrcode